血液の数値

犬の血液検査CRPとは?数値が高いときに疑われる病気まとめ

犬の血液検査CRP

愛犬の血液検査でCRP(C-リアクティブ・プロテイン)の数値が高いと言われても、普通の飼い主さんは良く分からないというのが実感ではないでしょうか? CRPは愛犬の体になんらかの炎症が起きていないかを知るのに有効な数値です。 しっかり愛犬の健康状態を知ることで、日常生活や食事などに対する意識も変わってきます。 血液検査でのCRPはどのような病気と関係があるのか […]

犬の血液検査SDMAとは?数値が高い時の病気と対策まとめ

犬の血液検査SDMA

犬の血液検査でSDMAという項目を聞いたことがありますか? SDMAという血液検査は新しい検査で、今までの血液検査では分からなかった愛犬の異常が比較的早期に発見できる画期的な方法です。 この血液検査に寄って今までより早く腎臓病を見つけられるようになりました。 ここでは犬の血液検査の項目SDMAとはどのような検査なのか、またSDMAの結果が悪い場合、飼い主さん […]

犬の血液検査でAST(GOT)とは?数値が高い時に疑われる病気まとめ

犬の血液検査AST

動物病院で血液検査をした結果AST(GOT)の数値が標準よりも高いと言われても、AST(GOT)とは何なのか、また、高いとどんな病気が心配されるのかよく理解できていない飼い主さんも多いはずです。 AST(GOT)に異常値がある場合、愛犬の肝機能になんらかの異常がある危険性があります。 愛犬の健康を守るためにも飼い主さんは血液検査の情報をしっかりと把握して、ど […]

犬の血液検査でBUN値が低くても高くてもダメ!その意味とは?

犬の血液検査BUN値

愛犬の血液検査でBUN値が悪いと言われてもなかなか具体的に何が問題なのかということが分かる飼い主さんはいません。 BUN値は高すぎても低すぎても何らかの異常があるサインとなります。 愛犬の血液検査BUN値が高い場合、低い場合の考えられる原因や病気、食事についてまとめてみましたので、飼い主様はBUN値について知識をしっかり持って、愛犬のケアをしてあげてください […]

犬の血液検査でクレアチニン値が高い意味とは?

犬のクレアチン

愛犬の血液検査でクレアチニンの値が高いと言われてしまったら、かなり腎臓に深刻なダメージがあることになります。 ではどんなことに気をつけて愛犬の健康管理をすることが大切なのでしょうか? クレアチニン値の正常値や数値ごとの重症度、関係する病気についてまとめてみました。

犬の血液検査の項目ALT(GPT)とは?数値別に疑われる病気まとめ

犬の血液検査の項目ALT(GPT)

動物病院で愛犬の血液検査をしても、検査項目と検査数値の関係や数値と病気との関係があまりよく分からないという飼い主さんが多くいます。 犬の血液検査の中でALT(GPT)という項目がありますが、ここではその意味や、数値によってどういった病気の疑いがあるのかとの関係についてまとめていますので、参考にしてみてください。

犬の血液検査ALPとは?数値が高い時に疑われる病気まとめ

犬の血液検査ALP

動物病院で愛犬の血液検査をしたら、ALP(アルカリフォスタファーゼ)が高いと言われたけれど、ALP(アルカリフォスタファーゼ)とは一体何なのかよくわからないと思っている飼い主さんも多いはずです。 血液検査でALPの値が正常範囲よりも超えて高い数値が出た時、主に肝臓系や胆管系の病気が疑われます。 種類によっては死に至る場合もありますので、しっかりと治療すること […]