膵臓病

犬の慢性膵炎の原因と症状は?治療法と食事管理、余命について

犬の慢性膵炎

犬は、人間が患う病気のほぼ全てを同じように患います。 膵臓(すいぞう)の疾患である膵炎(すいえん)もその一つです。 膵炎には慢性膵炎と急性膵炎がありますが、慢性膵炎は発症してしまうと完治が難しく日々の食事管理がとても重要になってきます。 ここでは慢性膵炎の症状や原因、食事療法や治療法、慢性膵炎になりやすい犬種などの情報についてについてご説明します。

犬の急性膵炎は完治する?原因や症状、治療法について

犬の急性膵炎

犬の膵炎はそれほど珍しい病気ではありません。 膵炎には急性のものと慢性のものがあり、長寿の犬や猫の多くが慢性膵炎に罹っているとさえいわれています。 ただ、急性の場合は痛みも激しく、時には命さえ奪うこともある恐ろしい病気です。 ここでは、犬の急性膵炎の症状や原因、食事や治療法についてご紹介していきます。

【獣医師監修】犬の糖尿病の治療法とは?原因や症状、食事の知識

犬の糖尿病

糖尿病は人だけでなく、犬でもかかります。 糖尿病は体内のインスリンというホルモンが不足したり、インスリンの働きが弱くなることで血液中の糖分の量が増えてしまう病気で、糖尿病が悪化すると糖尿病性ケトアシドーシスと言う死に至る病にもなりかねません。 また、発症するとなかなか完治が難しい病気ですが、インスリン注射を定期的に打ちながら食事療法をしっかりとすることで長生 […]